GRIP

住宅コンサルタント 野中先生の「不動産投資のよくわかる」コラム

  • 01「進む高齢化と将来のための資産形成」

    日本人の平均寿命が世界的に伸びる中、老後を過ごす時間が長くなってきています。今後はリタイヤ後の資金計画を考えることが重要となってきています。リタイヤ後の生活設計がしっかりしていないといわゆる「老後破たん」が起こるケースが増えるかもしれません。日本の高齢化の現状と将来の備えについて見てみましょう。

  • 02「マンションの資産価値を決める3つのポイント」

    マンション投資を始める際、いくらの家賃収入が入るのか、入居者は確保できるのか、など運営的な面も重要ですが、マンションの「資産価値」に着目することも重要なポイントとなります。マンションの資産価値はどのような要因で決まるのでしょうか。おおきく分けて3つの要因が考えられます。

  • 03東京オリンピックと不動産の資産価値

    2020年の東京五輪開催が近づいてきています。2017年10月には残り1000日となり、東京日本橋ではイベントも行われました。混雑緩和のために、開会日前日と当日の7月23日、24日、そして閉会式の8月10日を祝日とする案の検討も進んでいます。

  • 04マンションの賃貸管理と会社の選び方

    マンション経営を行う場合には2種類の管理があります。一つはマンション各住戸の所有者による「マンション管理」です。これは共用部分の管理を行い、管理組合が主体となって行われます。管理会社に委託されることが多く、主にマンションの建物の修繕・管理を行います。

  • 05横浜エリアの魅力と将来性 ①

    皆さんは「ヨコハマ」というと、どういう印象をお持ちでしょうか。港が近く異国情緒のある街、また開発が進み高層ホテルなどの多く建つ街、ベイブリッジや観覧車などの夜景のきれいな街など、多くあると思います。

  • 06横浜エリアの魅力と将来性 ②

    横浜市では様々な再開発が進行しています。率先して再開発をすすめる地域である「都市再生緊急整備地域」には横浜市では「横浜山内ふ頭」や「横浜都心・臨海地域」、「上大岡駅西地域」などが指定されています。

  • 07マンション投資「新築」と「中古」どちらにするか?

    マンション投資を始める際に、「新築」と「中古」のどちらにしたら良いのか迷う事もあると思います。新築マンションとは、品格法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)では新たに建設されたマンションで、築1年未満で未入居であると定義されています。今回は「新築」と「中古」それぞれのメリットを見てみましょう。

疑問・質問はお気軽に!専門スタッフがお答えいたします。
お問い合わせはこちらから
ホームページから
お問い合わせフォームはこちら
お電話で
フリーコール 0120-998-958
直接ご来店
アクセス(地図)はこちら
※直接ご来店される方は営業時間にお気をつけください。

CONTENTS

GLIPの協賛活動

かえる。くらし。すまい。リノベーション協議会

誰もが安心してリノベーション住宅を選べるように、
既存住宅がきちんと流通する世の中にしていきたいと考えています。

お客様相談窓口・資料請求

ご相談やご意見は、お客様相談窓口フォームかお電話にてお気軽にお寄せください。
資料請求は、専用フォームにて受け付けております。