GRIP

お客さまの声 VOICE

30代 官公庁・学校・公社
納得できるまで説明してくれた 佐野 様×営業部:関口 大介

Q1不動産投資へのきっかけは?不安はありませんでしたか?

元々投資に対しては積極的で、20代から株、FX、生命保険などで資産運用してました。不動産投資に興味を持ったきっかけは、ずばり勧誘ですね。しかも他社からの(笑)。割と用心深い性格なんで、正直最初は騙されてるんじゃないかと思ってました。ただ、それを機にセミナーに参加したり、ネットで調べたりと、自分なりに勉強していったところ、ちゃんと理にかなった投資だという印象に変わっていきましたね。普通のサラリーマンである自分には高額な買い物なので、もちろん不安はあったし、踏み切るまでに勇気が要りました。それでも、他の投資にはないメリットがあるし、同時に付随するリスクを一つ一つしらみつぶしにしていったら、自然と購入意欲が不安を上回っていました。

今となっては、条件を満たしているにも関わらず購入に踏み切らない人は、本当にもったいないなぁと感じるほどです(笑)。

不動産投資へのきっかけは?不安はありませんでしたか?

Q2営業担当者との会話は役立ちましたか?

やっぱり最初は分からないことがたくさんあったし、何より高額な買い物なので、営業担当者をしつこいくらい質問責めしましたよ。

購入までの流れ、購入してからのこと。見たこと聞いたことのない法律や書類もたくさん出てきますからね。理解できていないポイントがあるとすごくもやもやする性格なので、分からないことは片っ端から聞いていたと思います。正直面倒くさい客だったと思いますが、逐一こちらが納得できるまで説明してくれて。それが私の購入を後押ししてくれた一因となったのは間違いありません。

営業担当者との会話は役立ちましたか?

Q3実際の購入を決意できた理由

私は理系脳なので、スタッフの説明で疑問点が解消されたらすんなり購入に進めました。不動産投資って頭では良いものだと理解してるはずなのに、額の大きさ故に踏み止まってしまう方が多いと思うんですよね。でもしっかり論理的に考えら数ある投資の中ではローリスクハイリターンな部類だということが分かるはずです。

不安な点があれば遠慮せず質問すれば良いと思います、グリップさんのスタッフはすべて答えてくれますから。それでも購入にストップをかけるのは、漠然とした感情の部分なんですが…実際そこを乗り越えるのが難しいんですよね。

不動産投資をした場合と毎月現金を積み立てた場合で、35年後の自分がどうなっているかを思い浮かべてみると良いかもしれませんね。

実際の購入を決意できた理由

Q4これから不動産投資を始める方にアドバイスをお願いいたします!

不動産投資は非常に魅力的ですが、同時に多くの人が購入に至るまでに様々な不安を抱え、なかなか一歩を踏み出せないものだと思います。
大きな買い物なので無理もありません。大事なことは良いことも悪いことも事前に把握しておくこと、そして疑問があったら一つ残らず聞くことです。納得しきれてない状態で購入に踏み切るべきではないと思いますし、たとえリスクが100個挙がったとしても、すべてに解決策や回避法が提示されれば安心できるものです。
不動産投資はどの物件を購入しても絶対に上手くいくというものではなく、重要なのは立地と管理会社です。グリップさんの扱っている物件はすべて駅近物件なので、空室リスクは低く、リセールバリューの高いものばかりです。
そして、スタッフのサポート体制も抜群だと思います。どんな疑問にも丁寧に答えてくれるので、まずは気軽に声を掛けてみて下さい。何十年か先の豊かな生活が、そこから始まるかもしれませんよ。

これから不動産投資を始める方にアドバイスをお願いいたします!

営業担当者インタビュー営業担当者から一言

佐野様は私と会う前に、都内の業者からのアプローチを受けていました。 そのため、「東京の物件よりも横浜の物件を持つメリットは?」という質問がありました。やはり不動産を持つ場所が一番大切だということ、その中でも横浜は電車のアクセス数が多く立地が良いにも関わらず都内よりも断然価格が安く、賃料も据え置きで入居者目線で住みやすい街だということ、横浜開発事情から家賃の上昇の可能性が多いにあるエリアで持つことがメリットになるとお伝えしました。 そのほかにも、マンション経営の面白いところは複数件持つことなんですよ、ということを細かく説明しましたね。そして、総合的に見て弊社の扱っている物件が良いと感じて頂けたのだと思います。

営業部:関口 大介

CONTENTS

GLIPの協賛活動

かえる。くらし。すまい。リノベーション協議会

誰もが安心してリノベーション住宅を選べるように、
既存住宅がきちんと流通する世の中にしていきたいと考えています。

お客様相談窓口・資料請求

ご相談やご意見は、お客様相談窓口フォームかお電話にてお気軽にお寄せください。
資料請求は、専用フォームにて受け付けております。